テクトロニクス、現用のPRISMに対応した25Gアップグレード、デュアル・スクリーン・モニタ、オーディオ・モニタリングなどIPソリューション・ファミリの拡充を発表
PRISM
PRISM

PRISMモニタリング・ツールの新しい4機種、運用環境に対応した機能と価格を設定

報道発表資料

2018年8月30日


テクトロニクス(所在地: 東京都港区、代表取締役: Kent Chon)は、本日、PRISMハイブリッドIP/SDIモニタリング製品ファミリを拡充し、すべてのPRISM製品に10Gオペレーション・ユニット、インテグレーテッド・オーディオ、デュアル・スクリーン、25Gアップグレード・パスが追加されたことを発表します。


この発表により、テクトロニクスのPRISMプラットフォームは運用モニタや製品評価のワークフローに対応した包括的なモニタリングが可能になります。テクトロニクス、ビデオ・プロダクト・ライン、ジェネラル・マネージャのチャーリー・ダン(Charlie Dunn)は、次のように述べています。「PRISMは、IP実装に関わる難しい問題を解決する、『アーリー・アダプタ』のお役に立つことを当面の目標にしていました。市場はますます成熟度を増しており、当社もIP/SDI解析機能の充実、スペースの限られた設置環境にも対応できるよう奥行6.4cm(2.5in)のデュアルスクリーン・ディスプレイ、インテグレーテッド・オーディオ・モニタリング、25Gへのアップグレードなど、多くのお客様からご要望頂いた機能を装備します」


拡張された機能の概要は以下の通りです。


モジュール式で拡張できるベース・ユニット

次世代のPRISMは、放送の運用からエンジニアリングまで、お客様のさまざまな要求を1台の計測器で応えるように設計されています。新しいプラットフォームは、3RU、ハーフ・ラック幅と、1RU、19インチ・ラック幅が用意されています。3RUユニットはタッチ・スクリーン機能付ディスプレイが統合されています。ベース・ユニットはIP接続が可能で、IPステータス、SDIタイミング測定、イベント・ログ、波形、ベクトル、ダイアモンド表示などの機能が標準で装備されています。PRISMのモジュラ設計と豊富なオプションで、WCGベクトル、CIEチャートを使用してハイエンド編集やテクニカルQC用途に対応でき、タイミング測定、オーディオ測定、コンプライアンス測定、IP測定、グラフ表示などのエンジニアリング用途にも対応します。また、コンフィギュレーションを設定することでお客様の要望に沿った測定を実行できます。


拡張スクリーン・オプションによる表示領域の拡張とスペース効率

テクトロニクスは、PRISMと組み合わせて利用できる拡張ディスプレイを発表しました。3Uタッチ・スクリーン型のPRISMの拡張ディスプレイとして、セカンド・スクリーン上にウィンドウやタイル表示などができるため、ライブ放送制作で利用するお客様がフル・サイズ画面で波形表示とベクトル表示を並べて表示することができます。また、ラックマウント型のデュアル・ディスプレイと1UラックマウントタイプのPRISMと組み合わせることで、コンソール卓や奥行きの短いラックにディスプレイを組み込むなど、PRISM本体と分離して配置できるため中継車などでスペース効率良いレイアウトが可能です。また、電源はAC100Vを直接供給できるようになります。


新しいオーディオ・モニタリング機能

1RUタイプのPRISMは、スピーカ・オプションと音量/バランス・ノブが装備されます。波形モニタとオーディオ・ユニット機能が1台の機器に組み込まれているため、特定のオーディオ・チャンネルを高品質のスピーカで聴くことができます。また、3UタイプのPRISMもヘッドフォンを利用することで音声を聴くことができます。


すべてのPRISM製品は25Gへのアップグレードが可能

既に販売されているPRISMに対しても、25Gインタフェース・ボードにアップグレードすることが可能です。テクトロニクスは、新旧PRISMファミリに対して幅広くアップグレード・キットを供給することで、お客様の投資を保護します。

 

テクトロニクスについて

米国オレゴン州ビーバートンに本社を置くテクトロニクスは、お客様の問題を解決し、詳細の理解を深め、新たな発見を可能にする、革新的で正確かつ操作性に優れたテスト/計測モニタリング・ソリューションを提供しています。テクトロニクスは70年にわたり電子計測の最前線に位置し続けています。
ウェブサイトはこちらから。 jp.tek.com

 

テクトロニクスの最新情報はこちらから

Twitter (@tektronix_jp)

Facebook (http://www.facebook.com/tektronix.jp)

YouTube(http://www.youtube.com/user/TektronixJapan)

 

お客さまからのお問合せ先

テクトロニクス お客様コールセンター

TEL 0120-441-046 FAX 0120-046-011

URL jp.tek.com

 

Tektronix、テクトロニクスは Tektronix, Inc.の登録商標です。本文に記載されているその他すべての商標名および製品名は、各社のサービスマーク、商標、登録商標です。


Subscribe to Email Alerts

Click to subscribe to Tektronix breaking news

 

Subscribe to Email Alerts