テクトロニクス、業界初のチューニングなしで正確なパルス出力可能な パルサー/システム・ソースメータを発表

テクトロニクス、業界初のチューニングなしで正確なパルス出力可能な

パルサー/システム・ソースメータを発表

VCSEL技術の進歩に対応し最新のPulseMeter™テクノロジにより10V/10Aで最小10μsのパルスを実現

テクトロニクス(所在地: 東京都港区、代表取締役: Kent Chon)は本日、高速電流パルサーとDC印加および測定機能を一台の計測器に統合した新しい2601B-PULSE型パルサー/システム・ソースメータを発表しました。この新製品にはPulseMeter™テクノロジが搭載されており、最大3μHまでデバイスのインピーダンスに合わせて出力を手動で調整する必要なく、10A/10Vで最小10μsの電流パルスを印加できます。これは、デバイスの自己発熱を最小限に抑えるために重要であり、光学デバイスの場合、誤った測定とテスト機器の損傷の防止に役立ちます。

 

新製品2601B-PULSE型には、ケースレーの標準モデル2601B型システム・ソースメータ(40V、3A DC、10Aパルス)で利用可能な全ての電流電圧の印加測定機能が搭載されています。さらに機器制御ソフトフェアKickstartのバージョン2.3がリリースされ、2601B-PULSEのパルス機能をサポートします。

 

テクトロニクス/ケースレーインスツルメンツの副社長兼ゼネラルマネージャーであるChris Bohnは次のように述べています。「2601B-PULSE型パルサー/システム・ソースメータは、最先端のテストおよび測定ソリューションによるテクノロジの進歩に対するテクトロニクスの取り組みを裏付けています」、「この新製品は、自動車アプリケーション、コネクテッド・カー、自動運転で革新的な進歩を遂げるために最先端テクノロジを必要とするエンジニアを含む多くのエンジニアに、より優れたテスト性能を提供します。」

 

VCSELに関連する測定の進化

2601B-PULSE型パルサー/システム・ソースメータは、自動車の光による検出と測距(LIDAR)アプリケーションにとって非常に重要な垂直共振器面発光レーザー(VCSEL)のテストの需要と測定の複雑さを解決するために開発されました。この製品は、VCSELおよびLEDのテスト、半導体デバイスの特性評価、サージ保護テストなどに最適です。内蔵のデュアル1 MS/s、18ビット・デジタイザは、パルサーの測定機能を強化し、別の測定器を必要とせずに、パルス電流と電圧波形の両方を同時に取得できます。

 

パルスのオーバーシュートとアンダーシュートを最小限に抑えるためにパルス・チューニングを必要とする他社製品とは異なり、特許出願中の2601B-PULSE制御ループ・システムは、最大3μHまでの負荷変動を手動で調整する必要を排除します。これにより、最大10Aの電流で10μsから500μsの幅のパルスを印加するときに、電流パルスにオーバーシュートやリンギングが発生せず、立ち上がり時間が速く、正確なパルス出力が可能です。

 

業界初のテクノロジ

最新のPulseMeter™テクノロジは、振幅とパルス幅に関係なく、手動のパルス出力チューニングを必要とせずに、パルスの忠実度を保証します。 自動化システム向けのアプリケーションの場合、2601B-PULSE型のテストスクリプト・プロセッサ(TSP®)テクノロジは、機器内で完全なテスト・プログラムを実行し、業界最高のスループットを実現します。 大規模なマルチ・チャネル向けのアプリケーションでは、ケースレーのTSP-Link®テクノロジがTSPスクリプトと連携して動作し、高速パルサーまたはソースメータを使ったパラレル・パーピン試験が可能になります。 2601B-PULSE型パルサー/システム・ソースメータは、メインフレーム無しで完全なアイソレーションを提供するため、テスト・アプリケーションの進化に応じて簡単に再構成および再展開できます。

 

製品価格(税抜)

2601B-PULSE型 パルサー/システム・ソースメータ 159万円

 

テクトロニクスについて

米国オレゴン州ビーバートンに本社を置くテクトロニクスは、お客様の問題を解決し、詳細の理解を深め、新たな発見を可能にする、革新的で正確かつ操作性に優れたテスト/計測モニタリング・ソリューションを提供しています。テクトロニクスは70年にわたり電子計測の最前線に位置し続けています。
ウェブサイトはこちらから。 jp.tek.com

 

テクトロニクスの最新情報はこちらから

Twitter (@tektronix_jp)

Facebook (http://www.facebook.com/tektronix.jp)

YouTube(http://www.youtube.com/user/TektronixJapan)

 

お客さまからのお問合せ先

テクトロニクス お客様コールセンター

TEL 0120-441-046 FAX 0120-046-011

URL jp.tek.com

 

報道関係者からのお問い合わせ先

テクトロニクス 広報室

電話:03(6714)3097 Fax:03(6714)3667

 

Tektronix、テクトロニクスは Tektronix, Inc.の登録商標です。本文に記載されているその他すべての商標名および製品名は、各社のサービスマーク、商標、登録商標です。


Subscribe to Email Alerts

Click to subscribe to Tektronix breaking news

 

Subscribe to Email Alerts